ゼラチンとコラーゲン

ゼラチンとコラーゲン

ゼラチンが長年にわたり広く使用されており、現在その美容上の利点のために健康および美容家たちによって再発見されているということである。
ゼラチンは皮膚製品に使用されており、長い間サプリメントとして使用されてきました。

しかし最近では、私たちの内部と外部の両方にとって有益なことについての会話がありました。あなたのおばあちゃんは、「美は肌が深い」と言ったときに何かに出会ったかもしれません。

以下は、美しさのためにゼラチンを使用する5つのトップの方法ですが、他にもたくさんの種類があります。

内部的にゼラチンを摂取することで、素晴らしい食生活や運動とともに、素晴らしい肌、髪、爪の強力な基盤を構築することができます。

ゼラチンはコラーゲンの食物源であり、ゼラチンを食べたり飲んだりすると、体内のコラーゲン産生を増加させるのに役立ちます。
あなたのコラーゲンの生産を増やすことは、細かいラインのフェイシャルラインを滑らかにし、しっかりとした肌を作ります。

ゼラチンを服用しても恩恵を受けるのはあなたの顔だけではありません。
驚くべきことに、それは肌の弾力性に役立つので、ストレッチマークを防ぐのにも役立ちます。ストレッチマークは、あなたの体があなたの皮膚のコラーゲンよりも速く成長するときに発生します。あなたの肌は、コラーゲンとエラスチンのタンパク質でできています。これらのタンパク質は、壊れる前に伸びるだけです。彼らが伸ばすことができる限度を超えると、タンパク質はストレッチマークを残して壊れます。

あなたの朝のスムージーに少しゼラチンを入れてみませんか?あなたはそれがそこにあることに気付かず、それを飲むときからそれが熱心に働くでしょう。
ここには素晴らしいレシピがあります。

ゼラチンは内服したときに最も効果的ですが、それは局所的に使用されると素晴らしいことです。

ゼラチンをスキンクリーム、ヘアマスク、ヘアジェルとして使用することで、皮膚と毛髪を真剣に滑らかにし、強化することができます。

あなたはスーパー光沢のある髪を作成する集中的なコンディショニング治療をしたい場合は、いくつかの楽しみを持っていないとあなた自身のヘアマスクを作るのはなぜですか?

素晴らしいものがありますここに強く、光沢のある感じ、あなたの髪を残して、私たちはそれを試してみた知っています!あなたが縮れた髪を持っていて、「フリッツ」で苦しんでいるなら、これはそれらのソフト・フリーズ・フリー・カールを達成する素晴らしい方法です。

健康な輝きは腸の中で始まります

ゼラチンは、疲れたストレスを受けたシステムへの贈り物であり、自然に水に結合し、食べ物が消化管を通って容易に移動するのを助けるので、消化を改善するのに役立ちます。

また、胃の酸分泌を促進し、胃の健康な粘膜の裏地を回復させることによって腸内層を治癒するのに役立ちます。
私たちの体の炎症を軽減することは、長期的な炎症が慢性的な状態の引き金の1つになる可能性があるという考えのもと、健康と幸福に大きな焦点を当てています。

真実は私達の身体が休み、回復するにつれて、少なくとも8時間の睡眠を得た後で、私たちが見て感じることが良く分かっているということです。
現実には、常に眠りにつくことはできません。

ゼラチンのアミノ酸の1つはグリシンであり、日本睡眠学会の研究では、ベッド直前にグリシンを摂取すると、実際に睡眠の質と有効性(睡眠時間/就寝時間)、昼間の認知機能を高め、幸せ。
グリシンは、望ましくない合併症や副作用がなくても、単にいくつかの抗不安薬や抗うつ薬と同様に作用するという意味の「阻害性」神経伝達物質として認識されています。

あなたが頭の中で幸せなら、それはあなたの顔全体に表示されます。

ホルモンは私たちの感情の回路板であり、瞬時に幸せから悲しみに変わりますが、ホルモンの変化が私たちの皮膚にも影響することを知っていますか?

高齢の女性では、エストロゲンのレベルが低いとコラーゲンの分解に寄与することができます。興味深いことに、ちょうどその反対は若い女性に起こります。
エストロゲンが多すぎると、コラーゲンも分解する可能性があります。食生活不良、ストレス、運動不足、大豆のような植物エストロゲン食品の摂取のために、最近多くの若い女性がエストロゲン優勢と呼ばれる症状を経験しています。

あなたがゼラチンの使用を受け入れることを考えているならば良いニュースは、それが抗エストロゲン作用を有することである。これは基本的に体内の過剰なエストロゲンの影響を相殺するのに役立つことを意味します。
エストロゲンの優位性は、その厄介な毎月の痙攣、不快な膨満感、妊娠関連ホルモンの問題を引き起こすため避けてください。ゼラチンで見つかるグリシンなどの特定のアミノ酸は、ノルエピネフリンのようなホルモンの低下を助けるだけでなく、GABAのような「ハッピーホルモン」を増加させます。

 

>>>便秘と美容、ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です